タラの煮付け

タラの下処理で、包丁で腹を切ることはしません。
それ故、江戸時代においては武士階級に珍重された魚であり、産地より将軍様にも献上されていました。
古くから出雲崎沖は佐渡と漁場を境にして越後第一の鱈場です。タラの筒切り、タラ子も白子も肝も、頭もともにそれだけを醤油と砂糖と酒だけで煮付けた煮物は逸品です。