白子ポン酢

江戸時代にマダラの美味を大発見とばかり書き立てたのは、佐渡奉行や出雲崎代官です。
当時、目にするのも口にするのも初めての生鮮マダラ。その生の白子をポン酢醤油でいただくと口の中でとろりと溶ける風味は滋味にあふれたそうです。
お酒の肴として逸品です。