北国街道 出雲崎

「北国街道 出雲崎」

出雲崎は約9kmの海岸線を有し、向かいに佐渡島を望む、関東から一番近い日本海の町です。
妻入りの街並み 江戸時代、徳川幕府の直轄地(天領)だったことに加えて、幕府の財政を支える佐渡金銀の陸揚げ港、北前船の寄港地、 北国街道の宿場町として栄えた出雲崎は経済・文化・交通の要所として越後で一番人口密度の高い町でした。
多くの人が居住できるようにと間口が狭く、奥行きの長い妻入り形式が取られていました。
間口に税金が掛けられていたことから、玄関の間口が2間、2間半の家が多く建ち並ぶのも出雲崎の街並みの特徴といえます。

「良寛さまが生まれ育った出雲崎」

18歳で出家し、厳しい修行に耐えた後も自らの寺を構えることはなく、清貧の思想を貫き通した良寛。
詩人、歌人、書家として今もなお、その名を馳せています。
良寛のふるさと出雲崎で、慈愛に満ちた名僧の想いに触れてみませんか。

「良寛と夕日の丘公園」

公募により選ばれた、にいがた景勝百選1位の地。
良寛の母のふるさと佐渡に向かい、右手に弥彦山、眼下に良寛堂、北国街道 妻入りの街並みを一望することができるまさに景勝。
日本海に沈む夕日を心ゆくまで堪能できます。

「漁協セリ市」

漁業のまち出雲崎では、早朝漁に出て3時半にはセリが開かれます。新鮮でおいしい魚はここから。

「天領の里 夕凪の橋」

全長102mの木製の橋「夕凪の橋」。ここからの夕日はまさに絶景。この橋の欄干に鎖を結び、鍵をかけると、永遠の愛で結ばれるという噂が広まっています。

◇ みよやのおすすめ ◇

出雲崎名物 石井鮮魚店の浜焼 http://www16.ocn.ne.jp/~hamayaki/

【↑】このページの先頭部分まで戻ります。